冠婚葬祭時の服装について(歴史編)

冠婚葬祭時の服装について(歴史編)

今回は冠婚葬祭でお馴染の黒略礼服についてお話しいたします。
欧米文化がファッションの間でもだいぶ広がってきていますが、成人男性のスーツ姿は  どんな時でも黒というのが未だ見られますね。
慶事の時はもちろん、パーティーやビジネスまで黒という方はまだ少なくはないので   しょうか。
では何故日本ではどんな時でも黒を着る習慣が出来たのでしょう。

実はこれは大きな勘違いから始まっていると言われています。
それは時代をさかのぼり平安時代718年、養老喪装令というのが出されたのがきっかけと いわれております。
その中で「天皇は直系二親等以上の喪には『錫紵(しゃくじょ)』を着る」という内容が ありました。この「錫紵」というのは「墨染めの色」という意味で使われました。
そしてこの「錫紵」というのは中国の『唐書』に記載されていた、「皇帝が喪服として  『錫衰(しゃくさい)』を着る」という文面を真似たものだといわれています。
ここで勘違いが生まれてしまいました。当時唐では「錫」という言葉の意味は灰汁処理を した目の細かい白の麻布のことだったのですが、日本人はこれを金属の「スズ」と勘違いし、スズ色、すなわち薄墨色に染めてしまったのです。
養老喪装令以前は白が主流だったのがここで墨色が主流に変わりました。

しかし喪服の色は室町時代に白へ戻っています。これにはさまざまな推測があり未だ正確な答えは出ておりませんが、理由として挙げられているのは、そもそも上流階級以外の人は 黒に染色したものは高価で着れなかったのではないかということ。
そして他には日本人の持っていた「死生観」によるものではないかというものです。
日本人にとって白は「浄化再生」、そして「死」の色として考えられております。お棺に 入る時に白い着物を着るのもこのためです。反対に生まれたばかりの赤ちゃんも白のおくるみを着ますね。
元来日本では狭義の喪服は白で、亡くなった方はもちろん、親族も白装束、喪主は白裃で参列していました。
花嫁さんが着る白無垢、これも元をたどれば「生家での死」を表しているそうです。そしてこの白無垢の袖を切り親族の白装束の喪服として主人を送り、やがてその喪服を着て棺に入るわけです。

そして室町以降は長い間白が使われたのですが、変化があったのが明治維新をきっかけに ヨーロッパ文化が入ってきたことが起因となり再度黒へとかわっていきました。
実を言うと宮内だけは室町以降も、養老喪装令以後ずっと黒を使い続けていました。それは「黒は格式の色」、「気品の色」として黒が使われていたからです。そして明治5年、皇室が洋装の影響を受け、文官の大礼服と万人の燕尾服を制定したことがきっかけとなり、冠婚葬祭における黒礼服が浸透し始めました。
しかし国民が黒の略礼服を使用し始めるのは第二次世界大戦以後となってきます。

第二次世界大戦中より戦死者が増え当然葬儀も増えたわけですが、当時は礼服の既製品などは一切なく仕立ててもらうしかなかった。しかし当然一般の人には仕立てるお金もなく、 貸衣装を借りて慶事に参加していました。そこで貸衣装店は汚れが目立たないようにと、白ではなく黒の礼服で全て揃えるようにしたそうです。
以後は先ほど書いた皇室の制定と相まって、冠婚葬祭どんな場所でも黒を着る習慣が生まれました。

更にその習慣を加速させたのが、戦後になり葬儀が「社会的な」儀礼として位置づけられるようになり、冠婚葬祭マナーやノウハウが急速に広まったことです。日本だけでなく欧米でも、喪に服する色として遺族のみが「黒」を着用していたわけですが、これにより「参列者も黒を着用するべき」という認識が広まり、結果参列者全員が黒を着るという現在の状態になったのです。

当然欧米では結婚式などパーティーの際は、それぞれが思い思いの恰好をします(もちろん礼節は外さない程度に…)。その他にも葬儀の際でも参列者はダーク―スーツであれば、 ネイビーやチャコールグレーという方もいます。さらにビジネスにおける黒スーツは、海外のビジネスマナーからすれば逆によろしくないものです。

日本人が略礼服を着るようになってからはまだ50~60年、しかしこれにも日本なりの様々な文化が入り込んでいます。日本の冠婚葬祭の儀礼文化は何百年と脈々と続いているもの  です。
そういった由来や歴史を知ることで場面場面において、海外のルールに沿うか、日本の礼儀を重んじるのか選択の幅ができると思います。

お問い合わせはこちら